Cotton labo

オーガニックコットンナプキン

YOGA Interview 03 YUKI Nakamura

大手ヨガスクールにてインストラクター養成講師を経験し、約100人のインストラクターを輩出。アジア最大級のヨガイベント『2015・2016・2017 ヨガフェスタ』のクラスを担当。現在は自身が主催するヨガスタジオ『LANI YOGA』でヨガを指導。雑誌やWEB等のメディアでも監修・モデルとして多数出演中。

中村優希主催LANI YOGA

自分を大切にしていると
周りにも笑顔が溢れるんです

Q1.ヨガをはじめたキッカケは何ですか?

学生時代はずっと新体操をやっていたので、体を動かすのが当たり前だったんです。でも社会人になってから運動不足のせいか体の不調を感じはじめて……。そのときに通いはじめたスポーツクラブで初めてヨガをやってみたら、直感的に自分に合っている!という気がしました。結局1か月後にはヨガ養成スクールに通い始めていたんです。

Q2.ヨガの一番好きなところは?

自分自身と向き合うことで、自分に感謝できるところです。自分を大切にすることで周りの人たちのことも、より大切にできるようになったと思います。そうすることでいつも周りが笑顔で溢れるようになりました。

Q3.中村先生のいちばん好きなポーズは?

朝、太陽礼拝をすると1日を快適に過ごせます。体を大きく伸ばすので血流がよくなり、頭もスッキリするのを感じます。リバースウォーリアというポーズは土台を安定させ、さらにそこから広がるしなやかな動きは、可能性を実感できる女性らしいポーズだと思います。

生理中のヨガは、心身ともに
リラックスできるポーズを

Q4.生理中の女性におすすめのポーズはありますか?

真珠貝のポーズです。股関節を開き、骨盤周りの血流を促すとお腹周りのめぐりがよくなり、生理痛の緩和につながると思います。心身ともにリラックスできるポーズですよ。

Q5.生理中のヨガで気をつけることは?

無理をしないこと。逆転系のポーズなど血流を逆流させてしまうようなポーズは控えて、心地よいと感じるポーズもゆっくり休憩しながら行うと良いです。

都会で暮らしているからこそ、
自然に還る時間も大切にしています

Q6.生理中はどんなことをして過ごしていますか?

基本的にはできるだけリラックスして、ゆっくり過ごします。お腹周りは冷やさないように腹巻をしたり、温かいハーブティーや生姜を入れたスープなどを飲んだりしています。

Q7.休日は何をしていますか?

普段は都会にいることが多いので自然豊かな場所で過ごすなど、自然に還れるような時間をとるようにしています。先日は逗子の海でゆっくり過ごしました。

Q8.今、いちばんハマっていることは?

香りを取り入れることを実践しています。今、使っているペパーミントは頭をスッキリさせ、熱を下げてくれます。ヨガクラスの前には必ずシューっとスプレーして、空間を浄化します。

Q9.これからトライしてみたいことはありますか?

ヨガと姉妹関係にあるアーユルヴェーダを学びたいと考えています。アーユルヴェーダはその人に合ったライフスタイルを整える知恵を与えてくれるもの。自分にはどんな食事が合い、どんな睡眠が合うのかしっかり理解して、ヨガと併せて生活の質を高めていけたらと思っています。

Q10.中村先生にとってヨガ、そして女性とは?

ヨガは人生をより豊かにしてくれるもの。日々ヨガを実践する中で私もたくさんのヒントを得ています。そのヒントは女性としての生き方も豊かにしてくれると感じています。

芯が強く、しなやかであること。土台や軸の強さを感じると、物ごとに対する考え方や思慮がとても柔らかくなれるような感じがします。自分の芯を持ち、あらゆる場面で柔軟に、周りの方にあたたかく寄り添える女性でありたいと思っています。

Back number