オンラインストア instagram facebook

ピンクリボン運動

日本人女性の9人に1人が生涯に乳がんになる時代

大切な命を乳がんから守るためには検診の定期的な受診による早期発見が重要です。 女性の生活に寄り添い、コットンを通じて暮らしの中に小さな心地よさをお届けしているコットン・ラボとして 乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝える、ピンクリボン活動を応援しています。

コットン・ラボは「ピンクリボン運動」を応援しています

 コットン・ラボは「公益財団法人 日本対がん協会」の"ほほえみ基金"を通じ、乳がんで苦しむ人や悲しむ人をなくしたいという想いに賛同し、「ピンクリボン運動」の活動に参加しております。
親会社である丸三産業株式会社が2010年より活動に参加し、コットン・ラボ株式会社では2011年の創業以来、丸三産業より引き継いで活動に参加しております。

売上金の一部をほほえみ基金へ寄付しております

 コットン・ラボでは「ふわピュアソフトリッチコットン」「セペ肌にやさしいナプキン」「セペフェミニンソープ」の3商品において、応援デザインパッケージの販売と対象商品の売上金の一部を寄付することで「ピンクリボン運動」を応援しています。

ふわピュアソフトリッチコットン

ふわピュアソフトリッチコットン

セペ肌にやさしいナプキン

セペ肌にやさしいナプキン

ふわピュアソフトリッチコットン

セペフェミニンソープ

ピンクリボン運動とは

 日本では、年間1万人以上の女性が、大切ないのちを乳がんによって失っていますが、(2019年調査結果)
近年医療技術の進歩により乳がんは早期発見・早期治療を行うことで高い確率で治療できる病気となりました。
ピンクリボン運動は、1980年代、アメリカの乳がんで亡くなられた患者さんの家族が「このような悲劇は繰り返されないように」との願いを込めた作ったリボンからスタートした乳がんの啓蒙運動です。
ピンクリボン運動は乳がんの早期発見、早期診断、早期治療の意識を高め、重要性を伝える世界規模のキャンペーンです。

コットン・ラボの取り組み

2018年10月30日
日本赤十字社より「銀色有功章」を受賞
2019年3月
「フェミニンソープVC入り」ピンクリボンパッケージ商品を発売開始
2016年3月
「フェミニンソープ」ピンクリボンパッケージ商品を発売開始
2016年3月
「肌にやさしいナプキン」ピンクリボンパッケージ商品を発売開始
2016年3月
「ドラッグストアショー」に出展


営業員はピンクリボンのバッチを付けてアピール
2010年3月
「ふわピュアピンクリボン入りパッケージ」商品を発売開始
2009年12月
日本対がん協会と契約を取り交わす
コットン・ラボは応援デザインパッケージの販売と対象商品の売上金の一部を寄付させて頂いています。